AWS_Cloud9にRubyとRailsをインストールする方法

インストール


cloud9には元々Rubyがインストールされていますが、

今回は、rvmというサードパーティツールでインストールし直します。

パッケージ管理ツールやサードパーティツールを使ってインストールしていきます。


サードパーティツールとは

Rubyをインストールするツールのことで、

様々な特徴をもったツールがあります。


rvmとは

Ruby Version Managerの略になります。

複数のアプリがあった時にそれぞれにバージョンが違うRubyがインストールされていた場合の管理をしてくれるツールになります。


他のツールとパッケージの紹介

  • macOS
    • rbenv
    • RVM
    • Homebrew
    • ソースからのビルド
  • Linux/UNIX
    • rbenv
    • RVM
    • パッケージ管理システム
    • ソースからのビルド
  • Windows
    • WSL
    • ActiveScriptRuby
    • RubyInstaller
    • RailsInstaller

詳細はRubyの公式ページで確認してみてください。


インストールの手順


1. AWSの検索画面から「cloud9」を検索。または、最近アクセスしたサービスから選択する。

2. environmentの「Open IDE」をクリックする。

3. 「+」ボタンをクリックし、「New Tarminal」をクリックすると、左の「bach-○○」と書かれたタブが開く。(ターミナルという)

4. ターミナルに記述する

$ rvm install 2.5.1
https://tech-master.s3.amazonaws.com/uploads/curriculums//db9775dc0754d66f601dd177dc0fdb5a.png

上のような画面が出ればインストール完了です。(5分ほどかかります

5. Rubyのバージョンを確認し、デフォルトに設定する。

#バージョン確認、2.5.1と表示されれば成功
$ ruby -v
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-linux]

#デフォルトのバージョンを2.5.1に設定
$ rvm --default use 2.5.1

Railsをインストール


Rubyをインストールした後にRailsをインストールすることができます。

インストールには、gem(RubyGems)というツールを使用します。

gemとは

Rubyのライブラリを管理するツールのことで単体のライブラリをインストールする時に使用します。

Gemそのものが「ライブラリ」でライブラリとは、プログラムのコードを1つにまとめた物をいいます。

色々なGemがあり、それらをインストールすると簡単にアプリに機能を実装することができます。

インストール

#railsのインストール
$ gem install rails --version="5.2.1"

#インストールされたか確認
$ rails -v
Rails 5.2.1

以上でインストールは完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました