作業効率化、ブラインドタッチが出来るようになる方法

プログラミング

リモートワークやデータの
打ち込み作業など
パソコンを使って仕事をすることが
当たり前になりました。

しかし、いざパソコンの前に座って
作業をしようとしても
長時間座っているのが耐えれない!、
ストレスを感じる!
と言うことはないですか?

それは、キーボードで打ち込みを
するのに時間がかかってしまう。
または、パソコンに苦手意識が
あることが原因かもしれません。

そんな方にはまず、ブラインドタッチを
習得してもらいたいです。

なぜ、ブラインドタッチの習得を
してもらいたいのかと言うと
パソコン業務において
ブラインドタッチができることが、
ストレスなくスムーズに仕事を
終えるための
第一ステップと考えているからです。

私は、製造業のラインで
働かせてもらっていますが、
肉体労働がメインの為、
パソコンにはほとんど触れていない
時期があり、パソコンで作業を
することには非常に苦手意識が
ありました。
パソコン前に来ると何時間も
パソコン前に座って時間が経ち、
何も進まず残業してしまう自分が
嫌になり、ブラインドタッチが
できたら残業をなくせるのでは?
と思ったことがきっかけで
ブラインドタッチを習得しました。
(浅はかな考えですが)

ブラインドタッチができるように
なることでタイピングの
スピードが格段に上がり、
パソコン前に拘束される時間が減って
残業は少なくなりました。
この記事が少でもみなさまの
お力になれればいいなと
思ってます。

ブラインドタッチ習得に必要なこと

  1. 環境や道具は自分の好きな物を選ぶ
  2. ホームポジションを知る
  3. キーボードを見ないでタイピング
  4. ゲームで楽しみながら実践
  5. 無理して続けない

と言う感じで進めていきます。

以下で詳細を解説していきます。

環境や道具は自分の好きな物を選ぶ

こちらについては、あくまで練習と
いうことで職場環境を変えた方がいい
という話ではないことだけ
ご了承ください。

ただ、自分の好きなように
職場環境を変えられる方は
そちらの方がいいと思います。

人間は、本能的に好きと思わないと
やる気やモチベーションは低下します。

その為、まずは、自分の好きな、落ち着く
環境を作ることが大切となります。

私の場合、静かな場所で
自分だけのスペースで気持ちを
落ち着かせた方が効率良く、
勉強や仕事ができると思っていますので
周囲の環境は、自室に限っていますが、
少しザワザワした所の方が
よかったり、誰かがそばにいた方が
安心するという方はそちらに合わせて
もらった方が効率良く、
ブラインドタッチを習得できると
思います。

また、道具に関しては、
自分が好きだと思うパソコンや
キーボードを選定するのがいいです。

好きな物に触れている時は、
時間を忘れるので
そちらをおすすめしています。

私の場合は、Macbookの方が
タイピング速度が早くでき、
見た目も感触も好きなので
練習をする時は、Macbookを
選定しました。

大きい画面がいいという方は
こちらを!

★アップル / APPLE MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/16 MVVK2J/A [スペースグレイ] 【Mac ノート(MacBook)】【送料無料】

持ち運びを重視するなら
こちらをどうぞ!

APPLE Mac ノート MacBook Pro Retinaディスプレイ 13.3 MYD82J/A [スペースグレイ]

他にも、キーボードだと
カラフルに光る物や2つに分かれる物、
小さい物など色々な物があるので
自分の気性に合った物を選定することが
おすすめです。

ホームポジションを知る

ブラインドタッチをする為には
最も基礎となる部分です。

ホームポジションが、
できていないと指をどこに
動かしたら思った通りに打ち込めるのか
迷ってしまいます。

ここは、自分の型にはめないで
まずは基本を守っていきましょう。

慣れてきたら自分の型を作ると
いう順番で行ってみましょう。

ホームポジションは、以下の
写真を参考にしてください。
(かなり雑な画像ですが・・・)

【左手】
人差し指 : F キー
中指  : D キー
薬指  : S キー
小指  : A キー

【右手】
人差し指 : J キー
中指  : K キー
薬指  : L キー
小指  : ;(セミコロン) キー

ちなみに親指は、スペースに軽く添える
くらいでいいと思います。

特にここがいいというポイントは
ないので楽な位置へ配置しれくれれば
OKです。

キーボードを見ないで タイピングする

ここからは、自分との戦いです!

せっかく自分に合った道具や環境を
設定しても、いざ取り掛かると
なかなか続かないものですが、
じっくりやっていきましょう。

まずは、windowsならメモ帳、
Macならテキストエディットなどのソフト
(文字が打てるならなんでもいい)
を使ってキーボードを見ないで
自分の書きたい単語をひたすら
書いていきます。
日記でもいいです!

ここでのポイントは、早く書こうとは
思わず、ゆっくり丁寧にキーの位置を
確かめながら行うことです。

でも、キーボードを見てはダメです!

ここでやってほしいことは、
指をどのように運べばスムーズに
打ち込みができるか?
手は、どれくらい動かすことがベストか?
という感覚を掴んでほしいです。

とは言っても苦手意識があることを
続けるのは、かなり難しいですよね。

そこで、私から伝えられるコツは、
無事に単語を打ち終えたら、
よっしゃできた!」と声に
出してみることです。

声に出すのが、難しい環境なら
頭に思い浮かべるだけでもいいです。

これが、なぜ有効かというと
人は、無意識にできない方
ダメな方に目を向けてしまう傾向
あるからです。

せっかく新しいことに挑戦しているのに
ダメな方に目を向けてしまうと
そこで終わってしまうので
ほんの少しの成功に目を向けるように
しましょう。

ずっと気分が良くなると思います。

ゲームで楽しみながら実践

さて、上で精神的にやられながらも
続けてこれたなら段々慣れてきて
飽きがきている頃だと思います。

そんな時に楽しみながら
さらに腕を上げることができるツールが
みんな大好き!「ゲーム」です。

ここでは、おなじみのタイピングゲームを
ご紹介します。

以下がおなじみのゲームです。

全て無料で遊べます。

他にも「タイピング ゲーム」で検索を
かければ色々出てきます。

私の場合は、タイピングゲーム一覧サイト
内にある。寿司打と言うゲームで
練習しました。

ぜひ、試してみて!

最初は、初級からどんな感じか
確かめるといいですよ!

悔しい気持ちと向上心が湧いてきます!

寿司打で遊ぶなら、最終目標は、
高級10000円コースを攻略すること
を目標にするのがいいと思います。

無理して続けない

さて、ここまでこれば
ブラインドタッチを習得し、
タイピングがかなり早くなるはずです。

ここまでやってこられたら
パソコン業務が向いていると
いうことは言えます。

なぜなら、本当に向いていない人は
ここまでやる前にやめるか。

そもそも、手を出しません。

なので、自信を持って続けてもらえば
やがて思い通りに打ち込みが
できるようになります。

ですが、無理はしないように
してください。
体は、しっかり休めて
エネルギー補給の食事は、
間違いなく実践してください。

タイピング如きで無理は禁物ということは
頭に入れといてください。

これは、第1優先です!!

 

私の実力

ここまで長々と書いてきましたが、
私がパソコン嫌いから
どこまで成長したのか現在の
実力をご紹介します。

まずは、マナビジョンでの
結果です。

どうやら準2級の実力のようです。

 

続いて寿司打の動画です。

こちらは、攻略できなかった時の映像

 

こちらは、今さっき試した結果!

 

終わりに

当たり前だけど、やっていけば
成長するんだな〜ということが、
実感できます。

だけど、私が若かった時は、
そんなこと忘れて
ネガティブな面にばかり、
目が向いていたので
続かないことは多かったです。

ですが、今回の経験で
苦手意識も克服できるんだということ
を学びました。

苦手意識を持っている方も
まずは、やってみることで
新しい自分に出会えるかもしれません。

チャレンジしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました