ターミナルで出来ること

ターミナルとは


GUI(グラフィックインターフェイス)上でCUI(キャラクターインターフェイス)を使用する為のソフトウェアのことです。

CUIとは、文字だけでパソコンを操作し、設定や確認を行うものになります。

Windowsでは、コマンドプロンプトと呼ばれています。


やれること


  • コマンドと呼ばれる命令文を使用して、パソコン内のフォルダやファイルの位置などを確認できる。
  • パソコンの勝手に触られると困るプログラムを触って設定を変更したりできる。
  • プログラミングにより作業の効率化ができる。
  • パソコンの心臓部 カーネルに指示を意図的に与えることができる。

ターミナルの使い方


Macだと「command + スペース」でspotlightを起動し、ターミナルと検索すると出てきます。


よく使うコマンド


別名:linuxコマンド

よく使うコマンドは下記


・lsコマンド


lsコマンドは「list」の略で、フォルダやファイルの一覧を表示するコマンドです。

カレントディレクトリ直下のファイル一覧を表示できる。

・cdコマンド


cdコマンドは「change directory」の略で、カレントディレクトリを移動するときに使います。

使い方は、ターミナルで「cd」の後にスペースを空けて、「移動先のディレクトリ」を指定します。

(cdだけ入力→ホームディレクトリへ移動、    cd ..と入力→一つ上のフォルダへ移動、

cd  / と入力→ルートディレクトリへ移動

・pwdコマンド


カレントディレクトリのパスを表示する。

ようは、どこのフォルダで作業をしているのかを確認できます。

「print working directory = 今いる場所をプリントする」の略です。

・mkdirコマンド


「make directory」の略で、新しい空のディレクトリを作るコマンドです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました