精神的に疲れやすい人の原因、見直したい習慣は3つ

朝起きるのが辛い。

なかなか疲れがとれない感じがする。

29歳まで生きてきた私は

25歳ぐらいからずっと

そんなことを感じながら生きてきました。

それって歳のせいじゃないの?

と思うかもしれませんが、

それなら同い歳の人間が、みんな

疲れてないとおかしいですよね。

そんなことって絶対ないじゃないですか!

自分より年上でもずっと元気な人もいるし、

年下でも疲れた顔しているやつはいるわけで

年はあまり関係なく、

精神的に疲れいるのが原因かもしれません。

ただ最近ようやく、

朝が楽に感じる習慣というものを

手に入れ始めたのでブログにまとめようと

思いました。

以下は、自分の経験をもとに

精神的に疲れやすい人の原因と

見直すべき習慣を

記載していきます。


精神的な疲れとは

疲れには3種類があります。

精神的な疲れ、肉体的な疲れ、

神経的な疲れです。

その中でも一番やっかいなのが

精神的な疲れです。

それは、長い時間かけて蓄積される為、

回復するのに時間がかかることと

限界を超えてしまうと取り返しが

付かない事態になりかねないからです。

続いてそれぞれの疲れについて

説明します。


-精神的な疲れ-

人間関係や不満などのストレスに

過剰に反応してしまい

脳に負担がかかっている状態の疲れです。


-肉体的な疲れ-

激しい運動や肉体労働など

筋肉に負担をかけることで

感じる疲れです。


-神経的な疲れ-

これも脳に負担がかかっている

状態ですが、

パソコンでのデスクワーク

が多かったり、手先を動かし

細かい作業を長時間繰り返す

ことによって感じる疲れになります。


原因を知る

まずは、自分がどんなことが

原因で疲れを感じているのか

知ることが大切です。

原因を知ることで

対処方法を明確にすることが

できます。

精神的な疲れの場合、対人関係による

原因が多いと思います。

どうしても他人と自分を比較してしまう、

勇気がなく、自分の意見が言えない、

ことによる自己嫌悪。

何もできない自分に対する

不安感などを持ってしまうと

疲労感が一気に溢れてきます。

さらに厄介なのが対人関係というのは

切っても切れない物ということで

そのしがらみに縛られることによって

その場から逃げ出せない状態になり、

より疲れをため込んでしまいます。

それが続いてしまうと鬱などの

やっかいな病気になりかねないので

早めに対処する必要があります。

そのために自分の精神的な疲れの

原因はなんなのか把握してみましょう。


見直したい習慣

原因を知ることができたら

次は、見直す習慣です。

精神的な疲れにも

色々原因がありますが、

疲れをなくすのに必要な習慣の

おおきな部分はあまりかわりません。

それは、食事、休養、ストレス発散です。


-食事-

急な血糖値の変化を

なくす必要があります。

そのため、糖分(砂糖やお菓子)や

炭水化物(パンやご飯)の摂取は

なるべく控えるのが効果的です。

あとは、食べる順番を

野菜→汁物→ご飯

の順に取ると血糖値をゆるやかに

上昇してくれます。

特に朝、夜は注意して食事してみましょう。

水をたくさん飲んで代謝をよくする

こともおすすめです。


-休養-

まず、睡眠は最低7時間

取るようにします。

そして、朝7時には目覚めるように

するといいです。

休養と言ってもだらだら

過ごしてしまうと

精神的に疲れている人は逆効果に

なる場合があります。

なぜなら、自分に自信がなく

自己嫌悪におちいっている

状態だとその休養の過ごし方で

その溝を広げてしまうことに

なってしまうからです。

本当に疲れ切っているなら

1日ぐっすり眠ることも

よい休養では、ありますが、

少し余裕があるなら

近くでもいいので散歩や

軽い運動、文章を書きまくる

など1日の過ごし方を工夫してみる

のもよい休養になりますよ。


-ストレス発散-

この行動による目的は

いま、立っている不安定な場所から

少し離れることにあります。

現実逃避して離れすぎてしまうと

戻った時の反動が半端ないです。

なので、少し離れるというのが

ポイントになります。

私が取り入れた方法は、

5分の瞑想、読書、

朝10分の散歩です。

それだけです。

それだけでも、だいぶ気持ちが

楽になることが実感できてきました。

あくまで自分の感覚ですが、

朝の散歩の効果はびっくりしました。

寝起きでやる気がないときでも

少しやる気になる感じがあります。

瞑想もゆっくり呼吸することで

頭がすっきりした感じになるし、

読書は知らなかった知識を

入れることで自分はやれると

思い込むことができるように

なりました。

やることはなんでもいいので

毎日、3ヶ月続けて見ると

だいぶ違った景色を見ることが

できるようになってきます。


その他に追加したい習慣

私がオススメするのは学習の習慣です。

常に新しいことを学ぶ、知らないことを

知ることでどうしたら解決出来るかを

イメージできるようになって来ます。

あとは、書くことです。

何でもいいです。気になること、

イライラしてる理由、

やりたいこと、やりたくないこと

全てを視覚化すると頭がスッキリ

した感じになり、とても楽になります。

一度、試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました